パチスロ・パチンコで勝ちにこだわっているわけ

恐らくここまでブログを見て頂いた方には、なんやコイツ堅い立ち回りでツマランなぁ~って思った人もいるかもしれません。Aタイプを打つと言うだけでも、AT機を打つ人より堅くて派手さもないのに、さらにガチガチで設定を求めて行くって。パチンコもひたすら期待収支を追い求めてるって。でもそこに僕の楽しみがあるのです。

Aタイプの制御が好きなのはガチだけど・・・?

目押しや、ビタ停止や、スベリ等、とにかく面倒な事は好き。

条件付き1確とか、小役ハズレ目とかホント好き。

リーチ目が出て、よっしゃ当たった!って言う瞬間は超楽しい。

人が狙わないような所を狙って、あえて目押しを面倒にして、それでいて楽しめるとか最高!

でも実は、それが負ける可能性の高いものなら僕は嫌なんです。

このブログを読んで頂いている方にはぜひ理解して頂きたいのですが、決してパチンコやパチスロと言う娯楽を推奨しているわけではありません。

勝つにしても負けるにしても、自分の生活を圧迫しない範囲で楽しむ。その上でHANABIのこういう打ち方が楽しいよ!とか、ディスクアップでこうなったら1確だよ!って言うのを書いています。

お前がディスクアップの事書くから、打ちに行って負けたじゃねーか!ってのはやっぱ違うんですよ。

僕の立ち回り、台選択、ホール攻略など、極力書ける事は書いていくつもりです。それにより、できればみんな勝てるのが一番ですが、それは無理な話です。お店も慈善事業ではありませんから、必ずお客さんから売上・利益を上げなくてはいけません。

確かにAタイプはAT機等に比べて波は穏やかかもしれません。しかし、それで負けないかと言うとそうではないです。だからこそ僕は負けない為に、人によってはガチガチにも見える、ツマラナイとも取られる立ち回りをしています。

ガチプロから見たら甘い部分も多々あるかと思いますが、それは専業とそうでない部分の差であると思って頂ければいいかなと思います。

仮説の検証が好き

パチスロを打つ時は、パチンコを打つ以上に仮説と根拠を立てて台選択をしています。だから堅い立ち回りになってしまうのです。

今日はこういう条件のもとに、この島に高設定が入っているはず!とか、その入っている島で設定推測するとか、自分がツモれなくても、しっかり高設定の使われている島にはありついたとか、そういう仮説の検証が好きなんです。

後はその仮説の打率を上げて行くとか。

そう言う事を繰り返していくと、おのずと堅い立ち回りになるし、勝率も上がって行くし、収支も上向いていく。

機種やお店によってその仮説の立て方は当然違いますが、2000年からずっとそれを繰り返しているので、体に染み付いてしまい、癖になっているんです。

僕の楽しむ要素と言うのは、機械の作りだけでなく・・・

勝つ事、負けない事が楽しい

収支が上向いていくと言う事は、より長い時間好きなAタイプと向き合えると言う事なので、全てが繋がっているんですね。

だから毎月5万円負けますって言うものなら、僕はいくらAタイプが好きで、目押しが得意だとしても『打たない』と言う選択肢を選んでしまうのです。

パチスロ・パチンコを楽しむより、5万円無くならないって言う方が僕にとって楽しいから。

この辺の基準は人によって違うと思います。月3万円までなら!とか、1万円までなら!とかそういうのがあるかと思います。

その基準が僕なら+-0枚(玉)以上になる事となっている。だから勝ちにこだわった、負けにくい勝負をするという所に行きついています

何でもそうだけど、ある程度の縛りがある方が楽しみ方や技術を突き詰められる事もあると思っています。

だからできるだけチェリー1個、スイカ1個も取りこぼしたくない。けどそれを取りこぼさない範囲で、どう打てば面白いかを探すのがとんでもなく楽しいのです。

バーサスとHANABIの楽しみ方の違いで、この辺の部分が大きく出てくると思います。

あくまでも娯楽である

途中で+-0枚以上って言う事を書きましたが、それでもやっぱり娯楽なんです。

遊園地へ月一回遊びに行くくらいならいいかな?とかそんな捉え方でいいと思うのです。

マイナス収支になる事が悪いわけではなく、きめられた範囲内で楽しめるかどうか。

その目標値がどこにあるか、と言う事で遊戯する。

ガチガチに立ち回る事に楽しみを見いだしている人なら、ガチガチの立ち回りを目指せばいい。だけど大半の人はそうではない。そこにストレスを感じる人も多いと思うし、日々の嫌な事を忘れにやってきている人もいるかもしれない。なのにまたそこでストレスをためていては本末転倒である。

ストレスの発散費用、気晴らしの費用として適切な金額で遊戯する。これが一般的には重要なことであると思う。なんだかんだで、誰にとってもお金は大事なんです。

僕の場合は、マイナス差玉、マイナス差枚になる事自体がストレスとなります。液晶でどういう演出が発生したとか、どういう出目で・・・と言うのは極力長期的に見たマイナス差玉、マイナス差枚を回避した上で楽しめる要素となっている。

この演出を、この出目を見たいからいくら使う・・・みたいな考えが無い。差玉や差枚を維持しつつ、こんな演出も見たいなぁ、こんな出目も見たいなぁという感じ。考えてみれば無茶で理不尽な要望な気もする。

僕が悔しいと思う瞬間

ここまで差玉、差枚のプラマイについてだけ書いてきたが、実際に僕が本当に悔しい!って思う瞬間は、低設定を高設定と勘違いして打ってしまった時とか、全然回らないパチンコを読み違えて、はしごしてしまった時。

きちんと高設定を認識しつつ負けたり、期待収支がプラスであるのに負けたりと言う時は『やるべきことはやったし仕方が無いよ!』と思えるんだけど、低設定を勘違いで長時間打っちゃった時とか、期待収支マイナスの台ばかり打っちゃった時は本当に悔しいし凹んでいます。

より上の設定を望んで、そこにこだわって立ち回るからこそ、よりアツい瞬間とか、演出、出目と言うAタイプの本質に向き合える時間が多くやってきます。

悔しい思いを回避する=より楽しい時間を得る事ができると言う事なんです。

だからこそ、打ちたいと言う衝動より、リーチ目を見たい、アツい制御を見たいとなり、負けたくない、勝ちたいと言う気持ちが大きくなり、勝ちにこだわった立ち回りになってしまうのです。

まとめ

パチスロやパチンコと向き合った時に、何を楽しみの第一優先にするのか?の違いで僕の場合は差枚差玉で0以上を目指すと言う事が出てくる。

本当にこれは楽しみの優先順位の違いなだけ。

これからも『今日もスロ稼働じゃねーのか!』とか、『えっ・・・1円なの?』と言う日も多々あるかと思います。あくまでもレートの問題ではなく、差枚や差玉がどうなるかを念頭に置いた台選択を行った結果である事をご理解いただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です