設定看破なんてそんな簡単じゃない!

パチスロには設定が存在し、より設定の良い・・・いわゆる高設定を求めて行くものであると僕は思っている。色んな打ち回しはあるけど、AT機にせよAタイプにせよ、その設定を予想しながら打ち、高設定なら継続、低設定だったらやめると言う選択をする事が多い。もちろん人によっては関係なく打つ人もいる。

で、設定を推測するという面において、ノーマルタイプの場合ボーナス確率と小役確率から推測していくパターンが多い。しかし本当に見切りの早い人が多いと思う。先日も推定設定6のハナビを打ったが、着席したのはお昼12:00頃。オープンから3時間経過しているが、20回転回されただけだった。恐らくリプレイ4回で風鈴が落ちなかったからやめたのだろう。

少なくとも『小役が落ちなかったからやめる 』 と言う選択肢を選んでいるのだから、設定を求めている事は事実なんだろうと思う。ただ、たかだか20Gで何がわかると言うのか。それでもその台に50枚のメダルを投入しているわけだ。もったいないじゃないか。だったらAT機で朝一高確率狙いとかしてる方が効果があると思う。そんな簡単に設定がわかるなら誰も苦労はしないのだ。

僕はちょくちょく思う事があり、確率通りに役を引ける能力があったらどれだけ簡単だろうと。ハマリもしないし連荘もしない。でも確率通りに引ける。成立している確率=設定だからね。でも実際は設定6のハナビを打っていても風鈴が1/12の時もあれば1/16の時もある。一応小役のカウントはしているものの、それで設定がわかるのか?と言うとわからないことが多い。8000Gくらい回して2と5の間とかね。RT中のハズレに関しても同じ。お前高設定だろ?ってくらい出ても実は設定1とかね。

結果設定なんて本当はなんだったのか?と言うのは、確定演出でも出ない限りは常に疑心暗鬼な物。設定6なのに設定1みたいなこともあるし、設定1だろ?ってやつで5000枚くらい出た事もある。それでも本当は設定1だったのかどうかもわからない。その時はバーサスだったが、RT中は設定1以下だし、ベルもスイカも1以下、BB中も3連も停止しないし、ハズレすら出ない。ボーナスだけ狂ったように引いた。

Aタイプや甘デジは安定するとか勝てると言う印象で打つ人もいるが、実際は確かにGODなんかに比べれば波は穏やかだが、決して設定が読みやすいとか言う部類のものではない。設定1でも機械割100%なんて言われる台が多数ありますが、100%は打ってて勝てるわけじゃない。時には110%になる時もあるし、95%になる時もある。早見きりを繰り返すと基本的に下に寄る事になる。

ある程度回して、設定は下かなぁ・・・と思った時にある程度メダルを持ってたらそれを持って逃げると言う事も含めて100%。その日推定6のハナビを僕は終日打ちきり、出率約113%。20回転でやめた人は出率約83%。そりゃそう言う立ち回りをやってちゃ勝てないよねと言う。

ジャグラー含めAタイプって安価で当たりやすいイメージあるかもしれないけど実はそうじゃないし、設定看破なんてやれてるようでやれてないこと多いよ。Aタイプが好きな人には当たり前に感じるかもしれないけど、これからAタイプに手を出したい人なんかは、そう簡単にわかるもんじゃないと言う事を覚えておいて貰うと良いかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です