ビタ押し苦手な人がディスクアップの為にリールの見方を練習するには

タイトルからなんのこっちゃ・・・って思うかもしれませんね。パチスロはリールを止めるの前に、リールを見ると言う作業があります。目押しが苦手な人の中には、リールの見方が不慣れな人もいるかもしれません。今回はそのリールを見ると言う事について書いてみようと思います。題材に出てくる画像はディスクアップでは無く、手近なところにあったタロットマスターRです。

見るパターン1:ただ見る

今回は動いているものを説明する為に動画を各セクションの先頭に置いていきます。青7が2連なのと、ピカピカ光って見やすいので、見る基準を青7にして下さい。

このセクションの、ただ見る・・・とは本当にただ見ているだけ。

動画のようにカメラを真っ正面向けてそのままの状態です。

通常速度で再生している時は時折、青くピカッ!と光るものが流れて行くのがわかるかと思います。

ほとんどの初心者さんはこの状態になっているかと思います。

見るパターン2:目押ししようと前のめりになる

次にあるのが、頑張って目押ししようとして、力んで前のめりになる状態です。

顔とリール窓が近づいた状態ですね。

スロー再生時は、ただ見るの状態とあまり変わりませんが、通常速度で再生している時に高速感を感じます。

新幹線が通過するときに、駅のホームから見るのと、離れて見るのだったら、離れている方が視認しやすいですよね。離れていれば視力さえ良ければ書かれている文字なんかも読めたりします。読めなくても走行している新幹線の車体を視認しやすいのは離れている方でしょう。

ホームから見る新幹線は一瞬で通過する為、描かれている記号などを読み取る事はできません。

写真を撮る時に近すぎるため、速くて取れない感じです。

パチスロも、リール窓に近づきすぎず、全体を捉える方が視認性も上がりますし、目押しもしやすくなります。

このパターン1とパターン2の状態だと、目押しも視認もちょっとやりにくいな・・・と感じます。

そこでちょっとだけ改善してみましょう。

見るパターン3:タイミング押し

本来のタイミング押しとは若干ニュアンスが異なります。

本来のタイミング押しとは、スイカ等を狙う際に、スイカ単体を見る事が難しい為、スイカの近くのボーナス図柄でタイミングを取ってスイカを狙う方法等を言います。

今回のタイミング押しも目押しではありますが、まずはリール1周の速さを覚えてしまおうと言うものです。

パチスロのリールは1周約0.8秒弱(正しくは0.78秒)で回転しています。

この0.8秒と言う時間を覚えてしまうと、目押しも視認も楽になります。

動画内では、一定周期で左リールの上に★を表示させていますが、そのタイミングで左リールを停止させると、青7が上段に押せるくらいのタイミングになっています。

青7が0.8秒に1回回ってくる周期が★の点灯するタイミングですね。

この周期タイミングを覚えてしまうと、ほとんどのパチスロのスイカ目押しくらいは困らずできるようになります。

左右でスイカがテンパイしたから、中リールに赤7を狙えばいいとしたら、一度赤7さえ発見できれば、赤・・・赤・・・赤・・・トン!で目押し出来るわけですね。

ボーナスを揃える際も同じようにすれば、7やバーを狙う事ができると思います。

ジャグラーだと1部のシリーズを除いて40秒で自動停止してしまうので、40秒以内に揃えないとダメですが、ハナビやバーサス、ディスクアップ等多くの機種は自動停止しないので、とにかくゆっくりでもいいのでリールを見て、タイミングを覚えるのが良いかと思います。

見るパターン4:直視に挑戦する

※この動画に関しては、長時間見ると気分が悪くなる可能性もありますのでご注意ください。

スマホのカメラで上手く表現できているかどうかわかりませんが、見たい図柄の所で下にレンズを振っています。

スロー再生の所で一時停止(左の2連青7の上の青7が下段に来た所)して貰えればわかるかと思うのですが、全体の回転しているリールの図柄がハッキリ見えている所があると思います。

今回は青7基準でカメラを振りましたが、ハナビやバーサスの中リールチェ氷(ス)チェ等、単独で存在するスイカや図柄を探したい時にこのような見方をする事で、ベルでもハッキリ見えます。

実際この動画の2リール目、3リール目のカード図柄やリプレイ図柄もハッキリ見えていると思います。

このカメラを振ると言う作業を、自分の目で行うと思って下さい。

顔を動かさずに目だけスッっと下に下げる感じです。それをこの動画のカメラを振っている感じで、スッ!スッ!スッ!とやると見えてくる感じです。

ディスクアップの記事の時に、僕はBIG中のビタ押しは青7枠下じゃなくて、リプレイを上段にビタ押ししている!と書きました。

中には「んなバカな」って思った人もいるかもしれませんが、理屈はこのセクションの内容ですので、あながち嘘じゃないと言う事もご理解いただけるかと思います。

見るパターンおまけ:直視赤7編

青7はピカピカ光るから見やすいはずだ!と言う人もいるかもしれないので、赤7周辺でもやってみました。

こちらもスロー再生で赤7が中段から下段に行きかけた所で一時停止してみてください。ビックリするほどに綺麗に全図柄の認識ができています。

見える人は図柄が止まって見える・・・と言う人(僕も言いますが)がいますが、正にこんな感じなんです。

正にそのタイミングでボタンを押す事ができれば、左リールにはバーチェリー赤7をビタで押す事ができるのです。

ここまでハッキリ見える必要はありませんが、この認識ができるならあとはどのタイミングでボタンを押すか・・・という経験の部分なので、見るとは違う、止めるの部分になってきます。

まとめ

今回は、題材にした機種はディスクアップや5号機ではありませんが、やってる事は一緒です。

もし今、パターン1かパターン2だなぁって思ったら、まずはパターン3の0.8秒を覚えると言うのが良いかと思います。

少なくともパターン2の盤面に近い状況だと、より高速で大きく目を動かさないといけなくなり、直視は非常に疲れますので、前のめりにならない視点から見ると言うだけでも改善されるかと思います。

最後に、人には得手不得手があります。これらの事は誰でも絶対にできると言うわけではないかと思うので、出来なくても仕方が無いし、いつかできればいいな程度に捉えて頂きますよう、よろしくお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です